fc2ブログ

ザザム誌創刊号

2010/01/10(Sun) 23:14
ザザム誌

こんばんは。IPPEIです。

伊那谷デザイン会議では、第2回から機関誌「ザザム誌」を始めました!ザザム誌という洒落乙なネーミングは、もちろん天竜川の高級珍味「ざざ虫」からとったものです。ざざ虫の佃煮をつまみながら、是非ご覧ください。

ザザム誌創刊号(PDF)
(C)2009-2010 INADANI Design Workshop. All Right Reserved.

《追伸》PDFに不具合がありましたが、さきほど修正版に差し替えました。
スポンサーサイト




人気ブログランキングへPlease click here.

テーマ: 雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル: 本・雑誌

TrackBack(1) | Comments(2)

Page up▲

Post a Comment

comments

2010/01/11 11:04 [ 編集]
acb MAILURL

 イナダネのみなさん こんにちは
興味深く見せていただいています。
可能性を感じる活動ですからね。

 実は 駒ヶ根の青年会議所のトップと話したとき
「青年会議所って何を目標にしているの?」
「素敵な駒ヶ根市を作ることです」

「素敵な駒ヶ根市って・・・カッコいいけど それって具体的にどうなればいいの?」
「・・・・」
「例えば 観光はどうしたいの? 商店街は?  だって 商店街の人が考える”素敵な駒ヶ根”と 観光業者の考えるそれ 更には学生の考えるそれだって違うんじゃないの?」

 ・・・・みたいな会話がありました。
どんな伊那谷にしたいのか?
いろんな意見が出るんでしょうね
それをある程度まとめて 仮に絵に描けたら素敵だと思いませんか?

 これは旭川動物園の成功シナリオなのですが・・・
絵にすることで目指すところが共有できて それがアワーになるって言うこと 会社のビジョン作りで実感しました。

2010/01/11 14:36 [ 編集]
伊東直哉 MAILURL

>acbさん
いつもコメントありがとうございます。

何を目指すかというのは難しいですよね。おっしゃる通り、立場によって理想が一致しないことが起こりますから。
ただ、いろんな人が話し合っていく中で、先日の話で言うところの“落とし所”はあるんだと思います。
今はまだそれが何かは分かりませんが…。
そんな、目指す伊那谷そのものを考えていくのが伊那谷デザイン会議だと思っています。
だから、いろいろな立場の人・いろいろな学生に関わっていただきたいですね。

絵、ですか。なるほど。
箇条書きにしただけでもおもしろかったので、絵にするというのも面白そうですね。
今度やってみようかなあ。

伊那谷デザイン会議の中で出た話題も、どんどん紹介していきたいと思います。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Adobe積立
先日開催された伊那谷デザイン会議の機関誌「ザザム誌」の編集担当をやらせていただきました。超特急で作ってなんとか完成した感じで、いろいろとミスがありましたが、それなりにいいものができたのではないかと思っています。会でお配りした冊子がちょっとだけ修正されて...
IPPEIの人生いんてぐらる【2010/01/12 01:28】

Page up▲

Calendar
01 | 2024/02 | 03
c c c c c c c
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

Page up▲